米子シンコーの「ソーラーパルサーE」

「ソーラーパルサーE」は、肥料などの溶液を自動で田畑に注ぐソーラー充電式のシステムです。電気が一定量貯まるごとに、最大5アールの土壌へ水を注ぎます。日射の強さに応じて与える水の量を自動で調節するため、水をあげすぎるということがありません。

また、ポンプを使うため、大がかりな高所タンクは必要ありません。従来の灌水システムからトラブルを起こしやすい部材を排除しているため、メンテナンスも手軽です。

ソーラーパルサーE 設置例

オプション
川や井戸水を汲み上げて運用する場合には、「差動スイッチ」と「揚水ポンプ」のオプションをお勧めします。受水タンクの水量が減ったら水をくみ上げ、満水になったらポンプが自動停止するという便利な機能を搭載できます。また、灌水用の点滴チューブのご相談も承ります。

ご相談は無料で承っております!お気軽にご相談下さい!

  • page top